ご予約・お支払いについて


ご予約について


当ホームページからのご予約は約6ヶ月前から当日26時まで可能です。電話予約や他の予約サイトより、当ホームページでご予約頂くのが1番お得です。


お支払い時期


ご宿泊料金は前金制となっております。チェックインの際に、スタッフにお支払いください。

なお、チェックアウトの際は、ルームカードキーをスタッフに返却してください。


お支払い方法


ホテル現地、またはオンラインでのカード決済にてお支払いください。ご予約時にお支払方法の選択が可能です。


クレジットカード


以下のクレジットカードのお取り扱いがございます。銀聯カードは自動チェックイン機ではご利用になれません。フロントカウンターでのみご利用可能でございますので、フロントスタッフにお声がけください。



キャンセル料は以下の通り頂戴いたします


前々日:  宿泊料金の20%

前    日:  宿泊料金の50%

当    日:  宿泊料金の100%

不    泊:  宿泊料金の100%


※インターネットからご予約の場合、一部プランによってはキャンセルポリシーが異なる場合がございます。キャンセルポリシーにつきましては、プラン説明及び、ご予約確認メールに記載いたしておりますのでご確認ください。

その他料金のお支払いについて、ご不明な点がございましたら、よくある質問(FAQ)をご確認ください。


利用條款

このホテルが公共性を持ち(一般に受け入れられている)、お客様に安全で快適な滞在を提供するために、次の規則に従う必要があります:これらの規則に従わない場合、宿泊のキャンセルおよび/またはホテルの使用が拒否される場合があります 施設。

さらに、ホテルの敷地内の機器や備品が破損した場合、ホテルはその全額をお客様に請求する権利を留保します。


ルール

(1) 許可なく目的以外の目的で客室を使用しないでください。

(2) 通路や客室で暖房や調理のために火をつけないでください。

(3) 火災を防ぐために、ベッドでの喫煙、禁煙室、および発火しやすい他の場所での喫煙は 控えてください。

(4) 客室の設備と物品は、ホテルにご宿泊のお客様のみを対象としています。したがって、 客室内では、部外者によるそのような機器および物品の使用は禁止されています。

(5)ホテルまたは客室内の記事を許可なく固定場所から移動しないように注意してください。

(6)ホテルまたは客室のガジェットと器具の位置を許可なく変更しないでください。

(7) ホテルの敷地内に次のものを持ち込まないでください。

a動物、鳥など

b悪臭を放つもの

cホテルに持ち込むことができる通常の量を超える記事

d Guns、剣など

e爆発物、または発火または発火する可能性のある揮発性オイルを含む物品

fホテルに滞在する他のゲストの安全を脅かす可能性のあるその他の記事

(8) ホテルや客室内で他の行為によって叫んだり、大声で歌ったり、大きな音を立てたりしないでください。ホテルに滞在している他のゲストを邪魔したり困らせたりする可能性があります。

(9) ギャンブルやホテルや客室内の公序良俗に反する行為に関与しないでください。

(10) 適切な許可を得ずに、ホテル内で広告商品を配布したり、記事を他のゲストに販売したり、寄付や署名を集めたりしないでください。

(11) ホテル内の他のお客様に不快感を与える可能性のある病気にかかっている患者の滞在を拒否する場合があります。

(12) 自分の持ち物を通路階段に放置しないでください。

(13) ホテル内の他のゲストに迷惑をかける可能性のある写真の行為は、ホテルまたは客室内で固く禁じられています。

(14) 原則として、同じゲストを2泊以上連続して収容する客室は、滞在期間中は清掃されません。ただし、そのような部屋は、清潔を保つために3日に1回掃除しなければなりません。さらに、ホテル当局によって1つまたは複数の客室の清掃が必要であると判断された場合、その部屋を占有しているゲストはそのような部屋の清掃を拒否する権利を有しません。


第1条(適用範囲)

1.このホテルと宿泊するゲストとの間で締結される宿泊契約および関連する契約は、本利用規約に従うものとします。 ここに記載されていない詳細は、法律および規制および/または一般に受け入れられている慣行に準拠するものとします。

2.ホテルがゲストと特別な契約を結んだ場合、その特別な契約2が法律および規則および一般に認められた慣行に違反しない限り、前項にかかわらず、   特別な契約はこれらの利用規約の規定に優先します。


第2条(宿泊契約の申請)

1.ホテルと宿泊契約を締結する予定のゲストは、ホテルに次の事項を通知するものとします。

(1)ゲストの名前、住所、年齢、性別、国籍、職業

(2)宿泊日と到着予定時刻

(3)宿泊料金(原則として別表1に記載されている基本宿泊料金に基づく); そして

(4)ホテルが必要と判断したその他の詳細。

2. ホテルに滞在中に、日付を超えて滞在を延長するようにゲストが要求した場合、その要求が行われた時点で新しい宿泊契約の申請と見なされます。

第3条(宿泊契約の締結など)

1.宿泊契約は、ホテルが前条に規定する申請書を正式に受理したときに締結されたとみなされます。 ただし、ホテルが申請を受理していないことが証明された場合は、同じことが適用されません。

2.前払い金は、最初にゲストが支払う宿泊料金合計に使用され、次に第6条に基づくキャンセル料に、第3に該当する第17条に基づく賠償に使用されます。 残りは、もしあれば、第11条に記載されている宿泊施設の支払い時に返金されます。

3.パラグラフ2に定める日付までにゲストがデポジットの支払いに失敗した場合、宿泊契約は無効として扱われます。 ただし、デポジットの支払い期間を指定する際にホテルからゲストに通知された場合のみ、同じことが適用されます。

第4条(宿泊保証金を必要としない特別契約)

1.前条第2項の規定にかかわらず、ホテルは、同項の規定に従って契約が締結された後、宿泊保証金を必要としない特別な契約を締結することができます。

2.

3.前条第2項に規定されているようにホテルが保証金の支払いを要求していない場合、および/または宿泊契約の申請が受理された時点で保証金の支払い日を指定していない場合は、処理されます ホテルは前項に規定された特別な契約を受け入れたかのように。


第5条(宿泊契約の拒否)

ホテルは、以下の状況のいずれかで宿泊契約の締結を拒否する場合があります。


1.宿泊の申請は、これらの利用規約の規定に適合していません。

2.ホテルのすべての客室が予約されています。

3.ホテルの宿泊施設を探している人は、法律や法令に違反したり、宿泊施設に関する公序良俗に反する行為をしたりする可能性があります。

4.ホテルの宿泊施設を探している人は、組織犯罪グループに属しているか、関連している、または組織犯罪グループ(以下、「犯罪グループ」および「ギャングスター」)の認知された犯罪者または関連当事者です。組織化された犯罪グループメンバー(1992年3月1日に施行)、または反社会的要素。

5.ホテルの宿泊施設を探している人は、ギャングまたはギャングのメンバーによって管理または管理されている企業またはその他のグループのメンバーです。

6.ホテルの宿泊施設を探している人は、従業員が1人以上のギャングメンバーを含む企業のメンバーです。

7.ホテルの宿泊施設を探している人は、他のゲストに大きな混乱を引き起こす行為を行います

8.ホテルの宿泊施設を探している人が、ホテルのスタッフとの暴力、ホテルのスタッフへの脅迫または脅迫などの強制的な行為を行ったり、不当な要求をしたり、同様の行為の過去の記録を持っていることがわかっている場合;

9.ホテルの宿泊施設を探している人は、感染症を持っていると明確に特定できます。

10.ホテルは、自然災害、施設の故障、および/またはその他の避けられない原因により、宿泊施設を提供できません。

11.ホテルの宿泊施設を探している人は酔っており、他のゲストに迷惑をかける可能性があります

12.ホテルの宿泊施設を探している人は、ホテルの敷地内または彼が予約したホテルの客室内で物品を販売するなどの行為に従事することにより、自分または第三者のために利益を上げるという隠れた意図のある部屋を申請します

13.ホテルの宿泊施設を探している人は、これらの利用規約に基づいてなされた規定、または予約時に明らかになった支払いおよび/または部屋のキャンセルに関する規定を順守しません


第6条(宿泊者による宿泊契約の解除権)

1.ゲストはホテルに通知することにより宿泊契約をキャンセルする権利があります。

2.お客様が責任を負う原因により宿泊契約の全部または一部をキャンセルした場合(ホテルが第3条第2項に規定された指定期間内に宿泊保証金の支払いを要求した場合およびゲスト 支払い前に契約をキャンセルしました)。 ゲストは別表2に記載されているキャンセル料を支払うものとします。ただし、第4条第1項に規定する特別な契約が締結されている場合、ホテルがゲストにキャンセル料の支払い義務を通知した場合にのみ同じことが適用されます ゲストによるキャンセルの場合。

3.ゲストが午後10:00までに表示されない場合 事前の通知なし(または、ゲストが事前に指定した場合は到着予定時刻の2時間後)には、宿泊者による宿泊契約のキャンセルとみなされます。


第7条(ホテルによる宿泊契約を解除する権利)

1.次の場合、ホテルは宿泊契約をキャンセルすることがあります。

(1)ゲストは、第2条第1項に規定されているように、指定された日付までにホテルが要求する詳細を共有していません。

(2)ホテルは、第3条第2項に規定する宿泊保証金の支払いを要求しましたが、指定された日付までに受け取っていません。

(3 )第5条の段落(3)から(13)のいずれかが適用されます。

(3)ゲストは、ベッドでの喫煙、消火設備の改ざん、その他のホテル規則違反などの禁止行為を遵守しません。

2.前項に従ってホテルが宿泊契約をキャンセルした場合、ホテルは、お客様が受けていない契約期間中にサービスの料金を請求することはありません。


第8条(登録)

ゲストは、宿泊当日にホテルのフロントデスクで以下の事項を登録するものとします。


(1)ゲストの名前、年齢、性別、国籍、職業

(2)日本でのパスポート番号、ポート、入国日(ゲストが外国人の場合)

(3)出発日と予定時刻

(4)ホテルが必要と判断したその他の詳細。


第9条(客室の宿泊時間)

1.ホテルにご宿泊のお客様は、午後4時から客室を使用する権利を有します。 到着日の翌日午前10:00まで。 ただし、ゲストが一定期間連続して収容される場合、ゲストは、到着日と出発日を除き、終日客室を占有する場合があります。

2.前項に規定された規定にかかわらず、ホテルは、同項に規定された時間を超えてゲストが客室を占有することを許可する場合があります。 ただし、この場合、追加料金が適用されます。


第10条(宿泊費の支払い)

1.ゲストが支払う宿泊費などの内訳と計算方法は、別表に記載されているとおりです。

2.前項に記載の宿泊料金等は、お客様の出発時またはホテルからの要請があった場合、フロントデスクで或いは担当者に日本通貨でお支払いください。 ホテルで受け入れられるその他の支払い方法は、paypay, paypal、Alipay、Wechat pay、およびクレジットカードです。


第11条(ホテルの責任)

1.ホテル、宿泊契約および/または関連する契約の履行または不履行。 ただし、ホテルが責任を負わないためにそのような損害が発生した場合も同様です。

2.ホテルの責任は、ゲストがフロントデスクに登録し、ゲストが部屋からチェックアウトするとすぐに開始されます。

3.ホテルは、火災および/またはその他の災害に対処するためにホテル賠償責任保険に加入しています。


第12条(契約部屋を提供できない場合)

1.契約した客室をゲストに提供できない場合、ホテルはゲストの同意を得て、できるだけ早く

2.別の手配が行われた場合、ホテルは補償金を支払うものとします。 ただし、ホテルは支払う義務がありません。

第13条(保管物品的处理)

1. ゲストがフロントデスクに預けた物品または貴重品が破損または損傷した場合、またはフロントデスクに預けられた現金がホテルによって紛失または損傷した場合、ホテルは、これが原因で発生した場合を除き、損害を補償するものとします 不可抗力の原因。 ただし、現金および貴重品については、ホテルが宿泊客に価値の評価を要求し、宿泊客がそうしなかった場合、宿泊客は最大50,000円を補償するものとします。

2. アートワークおよび/または骨董品は、ホテルのデポジットとして受け入れられません。


第14条(手荷物および/またはお客様の持ち物の保管)

1.お客様の手荷物が到着前にホテルに持ち込まれた場合、ホテルは、お客様の手荷物の預け入れのリクエストが事前にホテルから受け入れられた場合にのみ、それを保管する責任を負います。 手荷物は、チェックイン時にフロントのゲストに引き渡されるものとします。

2.チェックアウトおよび荷物の所有権が確認された後、お客様の荷物または持ち物が見つかった場合、ホテルは残された荷物の所有者に通知し、さらなる指示を求めるものとします。 所有者によってホテルにそのような指示が与えられない場合、または所有権が確認されない場合、個人情報を含む貴重品または物品は、発見後7日以内に最寄りの警察署に引き渡されます。 他の記事は、見つかってから3か月以内に請求されない場合、適切に廃棄されます。 ただし、ホテルの清潔度に影響を与える可能性のある食べ物や飲み物、およびタバコや雑誌などのその他のものは、見つかった日に廃棄するものとします。

3.上記第1項および第2項に記載されている場合、ホテルがお客様の手荷物および/または持ち物を保管する責任は、それぞれ前条の第1項および第2項の規定に従うものとします。


第15条(駐車に関する責任)

このホテルには駐車スペースはありません。 ホテルの近くに有料駐車場があります。ホテルは、ゲストが駐車場を利用する場合、ゲストの車両の保管について責任を負わないものとします。


第16条(ゲストの責任)

ゲストは、ゲスト側の意図または過失により生じた損害についてホテルに補償するものとします。


第17条(管轄権および適用法)

ホテルとゲスト間の宿泊契約に関する紛争は、ホテルの所在地を管轄する概要裁判所または地方裁判所で、日本の法律に従って解決されます。


別表1宿泊料金およびその他の料金の内訳(第2条第1項、第3条第2項、第10条第1項参照)


契約解除の通知の日

宿泊施設      基本宿泊料金(ルームチャージ)

料金


追加の費用    その他の使用料

ゲストが支払う               

合計金額

Tax

消費税

宿泊税

宿泊税は、行政区分の税法により変更される場合があります

これらの料金は、関連する税法の改正に従って変更される場合があります。


別表2キャンセル料(第6条第2項参照

契約解除の通知の日            2日前   1日前  同日  不泊

キャンセル料の割合      20%        50%    100%   100%


注意:

1.パーセンテージは、支払われた宿泊料金から引き落とされるキャンセル料を示します。

2.契約期間が短縮される場合、契約期間から何日短縮されるかに関係なく、ゲストは1日(1日目)のキャンセル料を支払うものとします。

3.グループ(11名)の予約には、ホテルが規定する個別のキャンセルポリシーが適用される場合があります。 この個別のキャンセルポリシーは、これらの利用規約よりも優先され、宿泊契約を申し込むゲストと既存のゲストには、適切なキャンセル料が請求されます。




▎お問合わせ
名前
電話
伝言
検証コード
 イメージを変更
*
確定
SOUSEKI-AN HOTEL
|  +81 06-4304-8055
|  大阪市天王寺区舟橋町9番9号
|  reservation@hotelsousekian.com